--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_03
14
(Sat)09:36

わからないことが多すぎる。(全体の構想他)

ネット碁を始めたころほど、毎日は打ててはいませんが、ちょろちょろと数日おきに対局させてもらっています。

やはり囲碁きっずでの、知り合いとの対局が多いですね。

それで今思うこと。

わからないことが多すぎる。勉強することも多すぎる。www

裏を返せば、それだけ進むことができるってことで、ありがたいことではあるのですが・・・o(*^▽^*)oあはっ♪

覚書兼ねて、内容を書かせてもらいます。

今の状態。
相手の石を裂いて、攻めていくことに意識が集中しやすい。
そこそこの、強さの相手とならそれなりにまとまった碁になるものの、上手の方とだとバラバラになってしまったりすることがまだまだ多い。

課題点
・石のつなぎについて、形を含めてもっとよくわかるようにする。
・石を攻めるだけでなくて、小さく生かすことを覚える。
・パラパラとした石がある場合、その急所に目が行くようにする。
・相手の地の荒らし方、逆に自分の地の守りかたについて学ぶ。
・石の捨て方を覚える。
・細かいところの流れが見えるようにする(定石の勉強か?)。
・全体の構想を考えられるようにする。

ざっとこのくらいが頭に浮かびますが、細かく書こうと思えばきりがないですね。
碁の強さは、総合力だということを何かの本で読みました。
読みの力、いろいろな知識、実際に対局した時の感。
いろいろなことも含めて、少しずつ伸ばしていけたらと思います。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。