--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_01
14
(Wed)10:17

受験生の親というもの。

息子は、中学3年生で今年は高校受験です。

しか~し、学力が・が・が・・・・・

県立高校と高等専修学校を受けることになってはいますが、どちらも厳しい~><

受験生の親は大変と聞いてはいましたが。
ほんとに考えると、胃が痛くなってきそうなくらい心配になります。

また、学習塾、家庭教師とつけて、特訓中ではありますが、作文なども苦手なので、さぁ大変てところです。
結局は本人の頑張り次第にはなりますが、何とかいけそうでもあり、いけなそうでもあり。

また、それぞれの先生方の連携を取ってサポートしようとしていますが、そういった内容だけでもいろいろと手間もかかるし、自分の時間も随分と息子の高校受験で削られています。

3月までの、あと2か月、親子共に本当に苦しい時期となるのかなぁ。
私の頃は、落ちてもどこかしらいけるところがあったので、もう少しのほほんとしていましたが、今の受験生、親御さんは私だけではなく本当に大変と思います。

おばあちゃんの入居も決まり、やっと気持ちも大分落ち着いてきたところなので、また、精神的に調子を崩しては元も子もないので、息子とうまく息抜きをしながら乗り切っていきたいと思います。(あれ?お父さんは?)

父親は、心配してるのは同じで、大事なところでは話も聞いてくれて、いろいろ意見や決定事項等も采配は振るってくれますが、細かいところはやはり母親担当になりますね。

さて、今日も一日頑張っていこう
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。