--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_04
03
(Fri)16:45

雨にも負けず(宮沢賢治)

雨にもまけず  宮沢 賢治

雨にもまけず 風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ 丈夫なからだをもち
慾はなく 決して瞋らず いつもしずかにわらっている  
一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜をたべ  
あらゆることを じぶんをかんじょうに入れずに  
よくみききし わかり そして わすれず  
野原の松の林の蔭の 小さな萱ぶきの小屋にいて  
東に病氣のこどもあれば  行って看病してやり  
西につかれた母あれば  行ってその稻の束を負い
南に死にそうな人あれば 行って こわがらなくてもいいといい
北にけんかや そしょうがあれば つまらないから やめろといい
ひでりのときは なみだをながし さむさのなつは おろおろ あるき
みんなに でくのぼうとよばれ ほめられもせず くにもされず
そういうものに わたしはなりたい
スポンサーサイト
«  HOME  »
  お天気

C.O.M.M.E.N.T

No title

いざやろうとしても、できないことばかりですね^^;
まず、囲碁なんて打てないですよ....
だって、相手を思いやって、石は殺さないし地はあげるし....
何よりも相手と争わないですから^^;

2009/04/04 (Sat) 00:42 | へなちょこ #9WqoN4CI | URL | 編集 | 返信

へなちょこさん>

難しいですね。確かに。。。
提案としては、対局内容ではなくて、対局相手に対する思いやりの掛け方ととらえたらどうでしょうか?
前に、へなちょこさんにタイゼムの歩き方を、少し教えていただきましたが、あのようなことだと思います(^-^)

2009/04/04 (Sat) 16:16 | さくちゃん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。