2015_02
20
(Fri)09:58

息子の高校受験その2

昨日2月19日私立の併願の受験でした。

私立とはいっても、うちの息子の場合は専修学校で「高校卒業と同等とみなされる」というところです。

こちらに推薦ではいるのが、中学校の先生のお薦めだったのですが、生活面にしても、成績にしても、微妙にボーダーラインなので、県立もあきらめることもできずに併願で両方受けることにはしたのですが。。。

まぁまぁ、うまくこなしては来たようなのですが、やはり心配ですねぇ。

人物推薦だと、成績には関係なく登校拒否とかしていた子とかも受け入れて、入学後も個々人にとても丁寧に指導してくれる学校なのですが、やはり通うのにはお金もかかりますし、正式な高校ではないので将来の進路は大分狭まります。

高校だけで人生のあらかたが決まるわけでもありませんが、親としてはやはりなるだけ将来的に少しでも良い生活ができる方向に導いてあげたいと思いますしね。
どこの親御さんも頭の痛いところだと思います。

とりあえず私立受験は終わったので、昨日は一息ついて、また県立受験に向けて(3月10日まで)頑張らないといけません。

卒業式も間近ではありますが、自分の着ていく服なんていつものように考えてる心の余裕がないですね。
受験生の親って、こういうことなのかぁ。。。と思いました。

もう少しだ、息子と一緒にがんばろう。
スポンサーサイト
2015_02
13
(Fri)15:51

棋譜並べ

数ある囲碁の勉強方法の中で、棋譜並べは私は苦手で、今までやってみようと試みても長続きしたことがありませんでした。

それならばと、ネットで棋譜をザラザラッと並べてみる棋譜鑑賞なら。。。とやってみても、これまたしかり。

しかしながら、今回は二つの理由でやはり棋譜ならべをがんばろうと思いました。

一つは、囲碁の全体的な流れがとても気になるようになってきたこと、気にはなるのだけどどう打っていいのか、どう考えていいのかわからないと思ったこと。

もう一つは、ネット碁は自動的に棋譜が残りますが、リアル対局だと打ち終わるとすぐに忘れてしまうということ。
これは、実際はどうかわかりませんが、プロの棋譜を並べて覚えるようにすれば、自分の対局を今までより覚えておける訓練にもなるのではないかとも思ったのです。

それで、数日前に私の登録している囲碁のSNS、「goxi」に棋譜並べ用の棋譜を準備しました。

とりあえず一回目は、準備しておいた碁盤ともう一つ碁盤を準備して、一手ずつ進めながら探す手間は省略させてもらいました。
テキストの棋譜もプリントアウトして準備してあるので慣れてきたら、ネットの棋譜が載せてある碁盤は見ずに並べてみようと思います。

最初の一回目でさえも、ここで手を抜いてこっち打つの?なんて手がたくさん出てきて驚きの連続でした。
毎日は無理でも、必ず続けようと思うので、結果報告もお楽しみに。。。今までより上達できるといいなぁ♪
2015_02
07
(Sat)08:29

息子の高校受験その1結果

不合格でした(TT)

次頑張っておくれ~o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
2015_02
04
(Wed)10:22

息子の高校入試その1

昨日2月3日は節分ですが、息子の高校入試の1回目でした。

福島県では県立高校の入試は、1期と2期があって、一期は自分で自分を推薦アピールするような形をとっていて、ほぼ論文と面接だけです。

その一期目が昨日で、主に活動的で自分で頑張って行けるような子たちを対象として募集しているので、中学校の先生からはうちの息子では無理だろうと言われていたのですが、ダメもとで受験することにしました。

なかなか、練習していたところとは違った論文とか、面接の質問内容とかが出て、あまりうまくできなかったという息子の感想だったので、期待しないで結果を待ちます。(結果は6日に内定者が決まり来月になってから正式に発表です)

うちの息子は、軽いADHDがあって、小学校の頃は学習に集中することが難しく、ほかの子よりも学習が遅れがちです。
また、生活面でも自分から動くというよりは、ほかの子について行ってる感じのところが多いので、
もともとは、高等専修学校への推薦入学を中学校からは勧められていました。

それでも、クラスの子ともうまく付き合って行けてるし、大きな問題はないので、普通の県立もあきらめきれずに専修学校と県立高校の併願にしました。

専修学校の推薦なら、間違いなく入学が決まって、入学後も学校の中でトップのほうの成績でいることができたと思います。これなら、楽な選択でした。
しかしその道は選ばずにチャレンジして、県立高校の1期まで受けることにしたのですから、この1か月は本当に大変でした。

塾、家庭教師、学校の担任の先生(支援学級に在籍しているので、そちらの先生です)総動員で、見ていただきました。

結果はわかりませんが、この1、2か月の期間で本当に成長したと思います。
ぼんやりした未来像も随分とはっきりとしてきたし、作文も最初は100文字くらいしか書けなかったのが、内容はともかく600文字くらいまで考えて書くこともできるようになりました。

ちょっと無理っぽい選択だったとはいえ、息子の将来に向けてはいい勉強になったと思います。

できれば、まぐれでも受かるといいなぁ~。神頼みをしておこう。
(-m-)” パンパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。