2015_01
20
(Tue)08:46

心のステップ

ふ~。と心で息をついて、気持ちの軽さを感じてみる。
ふ~。と心で息をついて、気持ちの自由さを感じてみる。

未来への希望。

綿菓子のようにふわっとして、空に浮かぶ雲のように軽い。

軽やかに、心のステップを踏みながら、踊るように生きてみたい。

ステップを踏みながら・・・天まで昇ってみようかな♪
スポンサーサイト
2014_01
27
(Mon)23:52

心の穴

なんだろう?

ぽっかりと心に穴が開いたような。。。

ここに何を入れたらいいのかしら?

あったかいミルクとおかし?
お花がいっぱいのお花畑の光景?
家族の笑顔?
趣味の交わり?

もしも、この世に神様がいるのなら、その懐の中で今夜は疲れた心を休ませてください。
素敵な夢を見て、明日の朝は元気に目覚められるように。

暖かく 暖かく ほんわりと 夢の中へ・・・

おやすみなさい。
2009_04
03
(Fri)16:45

雨にも負けず(宮沢賢治)

雨にもまけず  宮沢 賢治

雨にもまけず 風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ 丈夫なからだをもち
慾はなく 決して瞋らず いつもしずかにわらっている  
一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜をたべ  
あらゆることを じぶんをかんじょうに入れずに  
よくみききし わかり そして わすれず  
野原の松の林の蔭の 小さな萱ぶきの小屋にいて  
東に病氣のこどもあれば  行って看病してやり  
西につかれた母あれば  行ってその稻の束を負い
南に死にそうな人あれば 行って こわがらなくてもいいといい
北にけんかや そしょうがあれば つまらないから やめろといい
ひでりのときは なみだをながし さむさのなつは おろおろ あるき
みんなに でくのぼうとよばれ ほめられもせず くにもされず
そういうものに わたしはなりたい
2009_03
29
(Sun)08:19

自然

   自然

澄んだ青空を見るとき

可憐な花を見るとき

心が洗われて、慰められて、自然と涙が流れたりする。。。

心にともった灯火を消さないように。

暖かい心を失わないように。

一日一日を、大切に生きられますように。。。
2009_02
02
(Mon)09:09

空の彼方に

   空の彼方に

この空の彼方に
いったい何があるのだろう・・・

澄み切った青空。
どこまでもどこまでも果てしなく。。。

あ。鳥が3羽飛んでいった。

あの鳥たちと共に
どこか遠くまで行ってみたいなぁ~。
どこまでも、どこまでも・・・・

せめて、この思いの世界の中で
澄み切った青空を散歩しよう
心を羽ばたかせて・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。